鹿児島市小松原のラ・サール学園(中学校・高等学校)オフィシャルサイト

よくある質問(FAQ)

「よくある質問」アイキャッチ画像
親が学校に行かなければならないのは年何回くらいですか?
年2回、6月と11月の学年PTAです。生徒・保護者・担任の三者面談を行います。
その際に、学年の全体会や学級懇談会があることもあります。
学校や寮の見学はできますか?
学校の事務室に電話をして、希望の日時を伝えてください。調整してできるだけ対応します。
お盆と年末年始以外は長期休暇中も可能です。所要時間は1時間半~2時間くらいです。
桜島の噴火や降灰の影響はありますか?
桜島の噴火警戒レベルは2(火口周辺規制)に下がっています。
学校のある谷山地区は桜島から14kmほど離れており、降灰もめったにありません。
地震など災害対策はどうしていますか?
学校が作成した台風対策、地震・津波対策マニュアルに基づき対応します。
学校・寮ともに全ての建物が耐震基準をクリアしています。また、避難訓練を毎年実施しています。
水や食料も備蓄しています。
英検は何年生で何級を取っていますか?
目安として、中学では中2までに準2級、中3までに2級を取るよう指導しています。
中学入学前に英語をあまり勉強していなくても大丈夫ですか?
大丈夫です。授業を大切にすれば、しっかりと身につきます。
遠足と修学旅行について教えてください。
遠足は春(4月)と秋(10月)に、修学旅行は中3の10月上旬に実施しています。
行き先は年によって、学年によって異なります。
短期語学研修について教えてください。
現在二つあります。いずれも高1の希望者が夏休みに行くものです。
一つはアメリカ、サンフランシスコ郊外2週間ホームステイ。もう一つは、イギリス、イートンカレッジのサマースクール19日間です。
合格した場合、必ず寮に入れますか?県内でも寮に入れますか?
中学生は寮に入れます。高校生は下宿の可能性もありますが、寮を希望してやむなく下宿に決まった生徒は、高2から寮に入ることも可能です。
鹿児島県内の生徒でも通学に時間がかかるなど理由があれば、願書に入寮希望と書いてください。
長期休暇中は寮に残れますか?
長期休暇中、寮は閉鎖されますので、残ることはできません。
各学期の終業式の翌日10時までに寮を出なければなりません。帰寮するのは、始業式や午前授業の前日です。
親との連絡方法は何ですか?
学内・寮内へ携帯電話を持ち込むことはできませんので、寮生は公衆電話で保護者に連絡をします。
寮には公衆電話が11台あります。所定の時間内に寮の事務室に電話すれば、放送で呼び出してつなぎます。また、寮にFAXすれば本人に渡します。学校の情報教室が開放されている時は、パソコンでメールのやりとりもできます。
病気になった場合どう対応してもらえますか?
まず病院で受診し、その後、病室で休養します。病室では職員が寮生の看病(検温など)をします。
病室は大部屋が2室、個室が4室あります。病院への送迎は職員が車で行います。
半径2km以内にすべての科の病院がそろっています。
食物アレルギーがありますが、大丈夫ですか?
アレルギー対応をしなくてはならない生徒へは、可能な範囲で対応しています。
洗濯はどの程度してもらえますか?
学生服・柔剣道着・毛布・セーター・高級ブランド品以外はすべて職員が洗濯します。
寮で洗えないものは日曜日にクリーニング業者が寮で受付し、夕方には仕上げて返却されます。
コインランドリー洗濯機・乾燥機もそれぞれ6台あります。
義務自習中、(先生に)質問はできますか?
寮での義務自習は自学学習で、質問はできません。休憩時間に友達や上級生に聞くことはできます。各教科の先生への質問は学校で休み時間や放課後にしてください。
入試は鹿児島でしか行わないのですか?
鹿児島で1回だけです。鹿児島までの時間的・空間的距離を実感したうえで入学してほしいからです。また、学校の環境や雰囲気も知っておいてほしいと思います。
PAGETOP
Copyright © ラ・サール学園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.