鹿児島市小松原のラ・サール学園(中学校・高等学校)オフィシャルサイト

学園の沿革

ラ・サール学園の沿革

日本におけるラ・サール会最初の学校として昭和25年(1950年)に開校した。その前年に聖ザビエル来朝400年祭が全国規模で行われ、その記念事業の一つとして鹿児島教区は男子校の設立を考え、ラ・サール会がその求めに応じ開校の運びとなった。

会員と職員の協力によって作り出された教育環境は、毎年多くの優れた生徒を送り出している。

沿革年 沿革内容
平成25年(2013年) ラ・サール学園新寮完成。
平成24年(2012年) 新設体育館完成。
平成22年(2010年) 故マルセル・プティ先生胸像除幕式。 本館・中学校舎外壁塗装、玄関・事務室・ロビー改修
平成21年(2009年) 副校長制復活。
平成18年(2006年) 新高校校舎、新理科館、落成式。
平成17年(2005年) 新高校校舎建設、地鎮祭。
平成14年(2002年) 高校校舎バリアフリー化、完成。専用トイレ、休憩室等設置。
平成13年(2001年) 聖ヨセフ・ホール等、落成式開かれる。 50周年記念式典、聖ヨセフ・ホールにて開催。
平成12年(2000年) 中学新一年生より4クラス編成実施。 50周年記念同窓会総会開催。 50周年記念会館(聖ヨセフ・ホール)、中学6教室、高校3教室、会議室等竣工。
平成8年(1996年) ラ・サール関係事業所合同研修会始まる。(鹿児島、函館、仙台、東京より参加)
平成7年(1995年) 校内の始業・終業の合図が、ブザーからチャイムに変わる。(チャイムのメロディーはラ・サール讃歌)
平成6年(1994年) ホセ・デルコス先生(メキシコのモンテレー出身)、第8代校長に就任。
平成5年(1993年) 寮の増改築を実施。(木造寮の内部改装と木造寮(平屋建)の新築)
平成2年(1990年) 創立40周年の記念行事を行う。また、「ラ・サール創立40周年記念誌」「同窓会名簿改訂版」刊行。
平成元年(1989年) 「ラ・サール讃歌の歌碑」建立。(18期生、卒業20周年記念として寄贈)
昭和63年(1988年) 高2の希望者(56名)による、学園初の錦江湾横断遠泳(桜島~磯)実施。風が強く潮の流れも速かったが、全員完泳。
昭和62年(1987年) 中学寮の自習室棟(鉄筋4階建)竣工。
昭和61年(1986年) 「聖母マリア像」建立。祝別式を行う。
昭和57年(1982年) 故オーラス校長が尽力された新校舎竣工。本館(鉄筋4階)、中学校舎(3階)、特別校舎(4階)。本館3階の一室を「オーラス・ホール」と命名。
昭和56年(1981年) 中学寮の寝室棟(鉄筋4階建)竣工。
昭和55年(1980年) ラ・サール会創立300周年記念ミサ。(於講堂) ラ・サール学園創立30周年記念式典・行事挙行。(於体育館)
昭和53年(1978年) 同窓会が会則を大幅に変え、理事会を設置し、また、鹿児島・福岡・大阪・東京の各支部を作る。
昭和52年(1977年) 体育館・高1寮落成式。
昭和51年(1976年) 聖ラ・サール胸像除幕式。これは創立25周年を記念して同窓会が寄贈したものである。
昭和50年(1975年) 創立25周年記念祭が県文化センターで行なわれた。
昭和45年(1970年) 高校新寮(鉄筋4階建)竣工式。
昭和43年(1968年) 高校新校舎(鉄筋4階建)の竣工式がカナダ管区長の来校を得て行なわれる。
昭和41年(1966年) 学園食堂(カフェテリア)竣工。母の会の要望や生徒指導上から設置された。
昭和40年(1965年) 天文台竣工。15周年記念事業として、PTA・卒業生等の協賛により、200mm屈折望遠鏡を設置。
昭和35年(1960年) 10周年記念祭を開催。生徒数は1000名を超え、卒業生も1,400名を超える。
昭和34年(1959年) 本館に4教室増設完成。中学部の寮を設ける。
昭和31年(1956年) ラ・サール中学校を併設。
昭和30年(1955年) 現在の本館落成、旧館はブラザーハウスとなる。
昭和28年(1953年) 寮の敷地買収建築に着工、5月完成。寮生教室より新しい寮に移転。
昭和27年(1952年) 海岸校舎落成。2階を寮とし、階下は3年を3クラスに編成変えして教室とする。(旧中学木造校舎)
昭和26年(1951年) 学校法人ラ・サール学園の認可。
昭和25年(1950年) ラ・サール学園が開校。生徒数合計190名、職員合計14名という構成であった。
昭和24年(1949年) ラ・サール学園設立認可の書類を県に提出し、許可が下りる。
昭和23年(1948年) 鹿児島の谷山に高校を設立することが決定。

ラ・サール学園の校章紹介

ラ・サール師の肖像画

聖ラ・サール

ラ・サール高校の校章ラ・サール中学校の校章

ラ・サールの校章は、四方に輝き渡っている太陽とその光とを表わし、それにラ・サール学園、ならびに高等学校は「高」、中学校は「中」の文字が配してある。 これは太陽があまねく宇宙を照らし、万物に熱と光とを与えているごとく、生徒は知識を広め、行いを高め良い感化を他人に与えなければならないという意味を持つものである。

PAGETOP
Copyright © ラ・サール学園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.