鹿児島市小松原のラ・サール学園(中学校・高等学校)オフィシャルサイト

学園について

「学園について」アイキャッチ画像

ラ・サール学園の設立

本学園は、ラ・サール高等学校とラ・サール中学校から成り立っています。高等学校は昭和25年に、中学校は同31年にカトリックの教育修道会ラ・サール会(カトリック ラ・サール修道会)によって現在地鹿児島市小松原に設立されました。

本学園の名称は聖ジャン・バティスト・ド・ラ・サール師に由来します。師は1651年、フランスに生れた人です。学校教育による社会の改革を志し、家財や栄職を捨てて、その生涯を青少年の教育に捧げ、教育のいろいろな面で貴重な仕事を残しました。ラ・サール師の遺志を継ぎ、師にならって天職として教育に従事する人々の集まりがラ・サール会であります。

現在ではこの会によって世界80か国にわたり、1,000余の各種の学校が経営され、修道士の総数は8,000人をこえています。日本では本学園のほかに函館ラ・サール高等学校(昭和35年設立)、函館ラ・サール中学校(平成11年設立)があります。

ラ・サール学園の現況

理事長 : ホセ・デルコス

校長 : ドミンゴ・ビヤミル

中学校(男子のみ) 高等学校 全日制普通課程(男子のみ)
学級数 12 18
定員 480名 720名

教育方針

本校は教育基本法に基づき、カトリックの教育修道会ラ・サール会によって、創設され維持されています。

  1. キリスト教の広く豊かな隣人愛の精神を養います。
  2. 新時代の人間としての世界への広く正しい認識を培います。
  3. 心と体と頭の調和のとれた、社会に役立つ人間を育てます。
  4. ひとりひとりの能力を最大限に伸ばします。
PAGETOP
Copyright © ラ・サール学園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.