鹿児島市小松原のラ・サール学園(中学校・高等学校)オフィシャルサイト

入学式式辞

2017.4.4 校長入学式式辞 ドミンゴ・ビヤミル

入学式式辞(2017)

草木が芽吹き、春の躍動を感じる今日の良き日に、ご来賓の皆様、並びに保護者の皆様のご臨席を賜わり、ラ・サール学園第68回入学式を挙行できますことを心より御礼申し上げます。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
職員一同皆さんのご入学を心待ちにしていました。

そして、保護者の皆様。お子様のラ・サールでの出発を心よりお祝い申し上げます。

新入生の皆さん。
あなた達は、今までたくさんの贈り物をもらってきたと思います。大きいものや小さいもの、高いものや安いもの、重い物や軽い物など様々なものをもらってきたでしょう。誕生日やクリスマスはもちろん、特別な日ではなくてもプレゼントをもらうと幸せなります。

ただ物をもらうということだけではなく、誰が、あなたのために何がいいか考え、あなたのために使った時間を考えることが重要です。

それは大きさや値段に関係なく、私達の心を動かし、何よりも価値あるものになります。プレゼントの価値は自分次第でもっと素晴らしいものになるのです。

今日は皆さんにとって、とても特別な日なので、私からプレゼントがあります。
それはこの本です。

タイトルは『La Salle My Story』。

あなた達はラ・サールで新しい旅をスタートさせます。この真っ白な本に、あなた自身で新しい物語を生み出してください。

あなたはどこに行くでしょうか?どんな思いがけない出来事が、あなたを待っているでしょうか?巡り合った友人たちと、共に学ぶ3年間または6年間を通して、あなたにとって大切な物語を記してください。

毎日いろいろな事があると思います。努力が実り、目標を達成できる日もあるでしょう。人生の分岐点に立つ日もあるでしょう。辛い日だってあるはずです。

信じてください。この本に記すどんな出来事も、最後にはあなたを成長させ夢へと近づけてくれる神さまからの贈り物です。辛いときにも、私達が愛を忘れなければ、幸せを強い力で引き寄せることができるのです。

この本の主役はあなたです。
勇敢なヒーローになった気持ちで、困難に挑み、力強い物語を記してください。その物語は、やがて卒業の日を迎えたとき、皆さんにとって何よりの宝物になっているでしょう。
皆さんがどんな物語を書き進めていくのか、私たちも楽しみにしています。

最後になりましたが、ご臨席いただいております保護者の皆様。お子様のご入学、誠におめでとうございます。

本日から私達ラ・サール教職員一同、ご子息の能力を最大限に伸ばせるよう全力で指導にあたります。そのためには、保護者の皆様と私達教職員との信頼関係を基盤とした連携が必要です。本校の教育に対しまして、どうぞ一層のご理解、ご協力を賜りますようお願い致します。

皆様のラ・サールでの学校生活が実り豊かなものとなりますよう、また神様の豊かな祝福がありますことを祈り、式辞とさせていただきます。

校長の署名
PAGETOP
Copyright © ラ・サール学園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.