〈ご報告〉

保健所の医師の判断によると医学的な意味での濃厚接触者はいないとのことです。本日の検査結果を受けて、保健所の指導に従って今後の検討を続けてまいります。

昨晩も寮内の生徒は、落ち着いて行動しておりました。

寮の外には出られませんが、普段は入ることのできない中庭を開放し、少しでも日差しが浴びられるようにしました。そこでは距離を取りながら、中庭で体操するような姿も見られました。

多くの生徒は、やはり早く外に出たいという気持ちを持っているようです。これについては保健所の判断によりますので、特に時間をかけて相談しております。

昨日の職員会議では、彼らのストレスを少しでも解消できないかということについて多くの時間を費やしました。様々なアイデアが出ましたので、一つ一つ早急に実現してまいります。

〈お願い〉

感染した生徒は未成年であり、精神的にも不安定な年齢です。昨晩の報道で一部触れられたように、生徒のプライバシーを明らかにしようとする行為が散見されるようです。こうした行為は本人を傷つけることにつながりますので、どうかお控えください。未来ある生徒がこれからも穏やかに過ごせるように、温かく見守っていただけますようお願い申し上げます。このような観点については、ご子息にもお伝え下さい。