聖ラ・サール師は、とても裕福な家に生まれました。
しかし、学校教育による愛の改革を志し、家財や栄職を捨て、その生涯を子供たちの教育に捧げ、たくさんの貴重な仕事を残しました。

現在、全世界にラ・サールファミリースピリットを広げるために、クリスマス・バスケット・バザーを学校教育の一環として行っています。
恵まれない人のために、生徒、教職員、PTA、母の会、母の会OG、同窓会、ブラザー、そして、ご賛同いただいた皆様の温かいご支援を心よりお願い申し上げます。

11月20日(日)にクリスマス・バスケット・バザーが開催されました。

今年のバザーのコンセプトは「LOVE」です。
「恵まれない人々のために何かをする」という聖ラ・サール師の遺志を受け継ぎ伝えていくことがバザーの大事なテーマです。

今年も生徒・教職員・母の会・母の会OG・PTA・同窓会・ブラザーが一体となって頑張りました。

バザーの様子

 

【以下写真】来日中の3人のブラザーがバザーでご協力いただいた様子です。

バザーの様子

 

なお、クリスマス・バスケット・バザーの様子はこちらからご覧いただけます。

» 『La Salle X’mas Basket Bazaar』ギャラリーページ